かん水同時施肥による幼木茶園の窒素施肥量の削減

タイトル かん水同時施肥による幼木茶園の窒素施肥量の削減
担当機関 宮崎県総合農業試験場
研究期間 1999~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 幼木茶園においてかん水同時施肥により、収量・品質を損なうことなく、窒素施肥量の半減が可能である。また、点滴チューブ付近の細根が増加する。宮崎県総合農業試験場・茶業支場・栽培科
背景・ねらい 茶園に施用される窒素量は他の作物に比べて多く、環境負荷への影響が懸念される。そこで、施用窒素の低減を目的に畑潅漑施設を利用したかん水同時施肥を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 幼木茶園においてかん水同時施肥は、窒素施肥量を半減しても慣行施肥と同程度の収量・品質が得られる。(表2、表3)
  2. かん水同時施肥により点滴チューブ付近の細根量が増加する。(図1
成果の活用面・留意点
  1. 幼木茶園(黒ボク土壌)においてかん水同時施肥を利用した窒素量削減技術の参考となる。
  2. 液肥窒素濃度、施肥時期及び経済性について更に検討する必要がある。
図表1 221264-1.jpg
図表2 221264-2.jpg
図表3 221264-3.jpg
図表4 221264-4.jpg
カテゴリ 肥料 施肥

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる