秋ギク「神馬」の低温開花性系統

タイトル 秋ギク「神馬」の低温開花性系統
担当機関 大分農林水産研花き
研究期間 2002~2004
研究担当者
発行年度 2005
要約 栄養生長期間から採花期まで昼温摂氏20度/夜温摂氏12度の温度管理(低温管理)で、開花遅延しにくく、開花揃いのよい「神馬」の栄養系統「J03-11」を選抜した。
キーワード 秋ギク、神馬、低温開花性
背景・ねらい 「神馬」は大分県内で生産量の最も多い秋ギク型の輪ギクであるが、低温期の開花遅延により、計画生産しにくいことが課題となっている。また、販売単価の低迷、重油価格高騰により経営面からも、低温開花性系統を選抜し普及させることが重要である。
成果の内容・特徴
  1. 「J03-11」は栄養生長期間から採花期まで昼温摂氏20度/夜温摂氏12度の温度管理(低温管理)を行っても、開花遅延せず、採花期のバラツキも少ない(表1)。
  2. 「J03-11」は、草丈が他の系統より短い(表1)。
  3. 現地試験(3月出荷作型)でも、開花遅延せず、既存系統より開花が早かった(写真1)。
成果の活用面・留意点
  1. 年内出し(10~12月)において、開花がやや早く、草丈が確保しにくいため、消灯時の草丈はやや長めに確保する必要がある(データ未掲載)。

図表1 223066-1.jpg
図表2 223066-2.jpg
図表3 223066-3.jpg
カテゴリ 温度管理 経営管理 出荷調整

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる