耐旱性・機械化適応性のさとうきび新品種候補系統

タイトル 耐旱性・機械化適応性のさとうきび新品種候補系統
担当機関 沖縄県農業試験場
研究期間 1986~1994
研究担当者
発行年度 1995
要約 さとうきび「RK85-1049」は宮古島の現地選抜において育成・選抜された。収量は、 植付後の発芽性や伸長性が良好のために多収である。茎が直立性で茎の揃いが良、易脱葉性あり、機械化一貫作業体系が図り易い。耐病性、耐風・耐旱性で障害抵抗性が強く安定多収である。品質面は、可製糖量が高く多糖量である。
背景・ねらい 沖縄県では平成6/7年製糖期には1,500haでさとうきびが収穫され、約97万トンが生産された。過去には約2,300haあった面積が、生産者の老齢化、生産者価格の低迷により減少している。県では面積の減少に歯止めを掛けるべく、生産者団体、製糖工場等と協力して栽培技術の改善、機械化一貫作業体系の開発、農作業請負作業の編成等を強力に進めている。また既に品質取り引き制度に移行している状況に対応できる早期高糖性の多収新品種の育成を強く要望している。
「RK85-1049」は、沖縄県の宮古・八重山の耕土が浅く痩薄な土壌地帯で、「F172」(多収だが糖分の蓄積が遅く品質が不安定)の普及する島尻マージ土壌や沖積土壌地域を中心に普及し糖業の安定化図ろうとしている。
成果の内容・特徴
  1. 「RK85-1049」は高糖性系統「KF71-299」を母に、良発芽・伸長・茎揃いの良好な病害抵抗性の多収品種「F172」を父に交配した後代から昭和60年(1985)年に実生選抜された系統である。
  2. 春植と夏植の新植後の発芽が優る。立葉・直立性の中細茎・茎数型、強稈多収系統である。脱葉性は容易であり省力的である。
  3. 耐旱性と耐倒伏性、黒穂・葉焼・さび病類にも複合抵抗性を備え、植付から収穫までの一貫作業適性が高い。
  4. 蔗汁糖分の上昇は、「NCo310」に比べ早く早期高糖性であり、現行の品質取り引きにも十分対応できる。
成果の活用面・留意点
  1. 早期高糖性、立茎の強稈・耐倒伏多収性、耐旱性であるため、台風・旱魃の常習地でも十分栽培できる。機械化一貫作業体系に適性を持つことから安定生産に寄与することが期待される。
  2. 葉鞘背部には毛茸(毛群)を有する欠点があるが、機械による肥培管理および収穫を行うことにより解消できる。
  3. 萌芽茎率は「NCo310」に比べ少なく株出の収量はやや劣ることから適正な管理を必要とする。
図表1 223853-1.gif
カテゴリ 機械化 栽培技術 さとうきび 新品種 多収性 抵抗性 肥培管理 病害抵抗性 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる