西洋なし「オーロラ」の安定栽培技術

課題名 西洋なし「オーロラ」の安定栽培技術
研究機関名 北海道立中央農業試験場
研究分担 作開・果樹
研究期間 新H17~21
年度 2004
摘要 品質の優れた早生の有望品種である西洋なし「オーロラ」は、急速に導入が進展しつつも、全国的にも導入がなされたばかりであり、樹勢の弱さ、苗木定植後の生育停滞、花芽の着生不安定など栽培技術が確立していない。西洋なし「オーロラ」の安定栽培技術を確立するため、早期成木および花芽着生安定技術を検討する。平成17年度は、1)早期成木化技術として、中央農試場内で(1)台木・接木、(2)大苗ポット育苗を検討し、2)花芽着生安定技術として、中央農試場内および余市町現地圃場において(1)適性着果量、(2)着果管理法、(3)枝梢管理技術を検討する。
研究対象 なし
戦略 作物育種
専門 育種
部門 果樹
カテゴリ 安定栽培技術 育種 育苗 管理技術 栽培技術 西洋なし 台木 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる