環境保全型農業推進のための窒素固定微生物等の有効利用技術の確立

課題名 環境保全型農業推進のための窒素固定微生物等の有効利用技術の確立
研究機関名 北海道立中央農業試験場
研究分担 クリーン・土壌生態
研究期間 新H17~20
年度 2004
摘要 目的:様々な植物の根に着生する窒素固定菌の一種であるアゾスピリラム菌について、数種作物への接種効果や定着性におよぼす土壌環境条件の影響を検討し、本菌の有効利用技術を確立する。 計画:1)各種野菜の苗質向上に対するアゾスピリラム菌の接種効果(接種効果の発現しやすい野菜種、接種時期、接種量などを明らかにする)、2)アゾスピリラム菌の効果が発現する土壌条件の解明(窒素肥沃度の異なる圃場,新畑および既成畑における接種効果の違いを明らかにする)、3)土壌環境条件が接種効果におよぼす影響(温度環境制御施設を利用し、地温や土壌水分が接種効果におよぼす影響を検討する) 期待される成果:本菌のような根圏有用微生物の利用技術を開発することにより、北海道の推進するクリーン農業の普及が一層促進され、環境保全型農業推進の一助となる。 
研究対象 キャベツ、レタス
戦略 環境
専門 土壌肥料
部門 共通
カテゴリ 肥料 環境制御 キャベツ くり 土壌環境 土壌管理技術 レタス

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる