14.先端技術を活用した緑化樹生産技術の開発 (1)組織培養などを用いた低コスト緑化樹生産技術の開発 (i) ベリー類の適応調査と増殖方法の確立

課題名 14.先端技術を活用した緑化樹生産技術の開発 (1)組織培養などを用いた低コスト緑化樹生産技術の開発 (i) ベリー類の適応調査と増殖方法の確立
研究機関名 北海道立林業試験場
研究分担 道北支場
研究期間 継H15~17
年度 2004
摘要 北海道では,他の北方圏(北欧・北米等)に比べて,道内に自生するベリー類(食用小果実)の利用状況は低く,製菓業界や生産者,地域振興関係者から,ハスカップに加えて,新たなベリー類の供給と開発が望まれている。ベリー類の産地形成を進めるには,樹種の選択にはじまり,苗木生産から栽培に関わる一連の情報を明らかにする必要がある。またこの取り組みにおいて,道内自生のベリー類を取り扱うことはもとより,より産地の魅力を高めることを目的に,導入種の利用をも視野に入れることも重要である。本研究では,ベリー類の産地形成に寄与する技術開発を目的として,道内在来のベリーおよび導入ベリーを対象として,道北地域での成育適性を明らかにするとともに,増殖方法を確立する。
戦略 園芸,森林・林業・木材産業
部門 バイテク・キノコ
カテゴリ 低コスト 苗木生産 ハスカップ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる