有機性資源の循環利用による栽培技術の開発

課題名 有機性資源の循環利用による栽培技術の開発
研究機関名 秋田県農業試験場
研究分担 生産環境部
研究期間 継H16~18
年度 2004
摘要 目的:堆肥センターで製造される有機性資源由来堆肥の品質向上・安定化及び堆肥を利用した地域の主要作物の栽培技術の支援を行うことで循環型農業の定着を押し進める。成果:1)家庭生ごみはpH、窒素とリンについて季節変動が示され、全体的にばらつきのある原材料であった。生ごみの推定成分量は、堆肥原料全体の推定成分量に対して約1割であり、問題のない量であった。2)製造される堆肥の経時変化をみると、NH4-N及びNO3-N含有率は堆肥化開始から11月末まで大きく変動しなかった。含水率は時間とともに低下し,P2O5およびK2O含有率については時間とともにやや上昇した。乾物試料と現物試料の値には大きな差はみられず、いずれの試料での管理が可能であった。
研究対象 水稲、野菜
戦略 環境
専門 土壌肥料
部門 水稲、野菜
カテゴリ 肥料 季節変動 栽培技術 水稲 土壌管理技術

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる