西洋なし新品種の開発  (1)交雑による新品種の育成  (2)効率的選抜法による試験  (3)台木育成試験

課題名 西洋なし新品種の開発  (1)交雑による新品種の育成  (2)効率的選抜法による試験  (3)台木育成試験
研究機関名 山形県立園芸試験場
研究分担 バイオ育種部
研究期間 完H12~16
年度 2004
摘要 目的、計画:
・リレー出荷が可能で品質・栽培性に優れた品種を育成する。
・国内外から導入した品種系統の樹勢、果実品質等を調査し、本県への適応性や、育種素材としての有用性を検討する。
・輪紋病に耐性のある品種の育成。
・挿し木繁殖性に優れ、主要品種との接ぎ木親和性の高い、本県に適した優良な台木を育成する。また、わい化性の高い台木を育成する。
期待される成果: ・収益性の向上。収穫・販売期間の拡大。市場競争力の向上。 ・省力・低コストに伴う環境保全。商品化率の向上。
・省力・軽作業化。産地の拡大。 得られた成果:
・一次選抜3系統を選抜した。また、導入品種の育種素材としての特性を明らかにした。 ・「山園P2号」、「山園P3号」の種苗登録申請の検討を行う。
・挿し木繁殖性のある台木2系統が選抜された。
研究対象 西洋なし
戦略 園芸、作物育種
専門 育種
部門 果樹
カテゴリ 育種 挿し木 出荷調整 新品種 西洋なし 台木 接ぎ木 低コスト 繁殖性改善 品種 わい化

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる