丹後国営開発農地における金時ニンジンの大規模営農技術の確立

課題名 丹後国営開発農地における金時ニンジンの大規模営農技術の確立
研究機関名 京都府丹後農業研究所
研究分担 畑作営農
研究期間 新H17~18
年度 2004
摘要 丹後国営開発畑では付加価値の高い土地利用型作物の導入も求められており、金時ニンジンも有望視されている品目である。そこで、金時ニンジンの大規模営農技術を確立するため、課題となる省力・低コスト化技術の検討を行い支援する。検討内容は、シーダテープ等を利用しコスト低減と間引き作業省略、雑草抑制による除草作業省略、国営開発畑に好適な品種の検討。
研究対象 金時ニンジン
戦略 土地利用型農業、園芸
専門 栽培生理
部門 野菜
カテゴリ 病害虫 雑草 除草 大規模営農 低コスト にんじん 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる