和牛放牧シバ草地化実証試験

課題名 和牛放牧シバ草地化実証試験
研究機関名 愛媛県畜産試験場
研究分担 経営室
研究期間 継H15~17
年度 2004
摘要 県内の中山間地に多い、耕作が放棄された荒廃地に和牛を放牧し、牛の蹄耕法によるシバ草地化の実証試験を行い、本県独特の地形、土質、自然環境下における牛の放牧による農地の荒廃防止効果や、草生量や草種の変遷の状況等を明らかにし、和牛を活用した荒廃農地のシバ草地化技術を検討した。 放棄かんきつ園における放牧では、放牧牛の体重や栄養状態に大きな変化はなかったものの、血液成分BUNの値が春から夏に高くなる傾向を示した。草地造成を行った牧区では平成15年度に造成したバミューダグラス、今年度に造成を行ったカーペットグラスとも順調に生育している。 放棄水田での放牧では、放牧前に比べ著しい景観改善が見られ、セイタカアワダチソウの生長抑制、除去にも効果があった。水田への牛の侵入状況は、乾田に比べて湿田は少なく景観の改善効果も遅かった。
研究対象 肉用牛
戦略 畜産
専門 飼養管理
部門
カテゴリ 飼育技術 水田 中山間地域 肉牛 その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる