土壌消毒用全面マルチャの開発改良

課題名 土壌消毒用全面マルチャの開発改良
研究機関名 群馬県農業技術センター
研究分担 機械施設
研究期間 新H17~18
年度 2005
摘要  コンニャクの根腐病等の連作障害対策として、クロルピクリン剤等による土壌消毒を実施するため、マルチ同時消毒機による1畝おきマルチ2回処理体系が普及している。一方、コンニャク畑と住宅等の混住化が進む中、周辺作物への被害や目・喉の痛み等が発生し、その被害は土壌消毒1回目のポリ被覆除去から2回目処理期に集中している。これらの被害を軽減するため、ダイコン栽培に実績のある全面マルチャをコンヤク用に改良し、ほ場全面をマルチ処理することにより被害の軽減を図る。本年度は、昨年度開発した人力けん引式全面マルチャを基本に、トラクタ装着方式を検討した。
研究対象 コンニャク
専門 農業機械
部門 その他作物
カテゴリ こんにゃく だいこん 土壌消毒 根腐病 連作障害

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる