園芸作物の栄養生理と施肥の合理化

課題名 園芸作物の栄養生理と施肥の合理化
研究機関名 新潟県農業総合研究所園芸研究センター
研究分担 栽培施設科
環境科
研究期間 継H13~18
年度 2005
摘要 1 目的:主要な野菜・花きについて、養分吸収・生育パターンを明らかにし、養分吸収パターンに応じた合理的な施肥方法を体系化するとともに、土壌からのバランスのよい養分吸収を阻害する土壌環境要因と対策を明らかにし、良質な生産物の確保と環境に対する負荷を低減する合理的な施肥法を確立する。
2 計画:エダマメ、アスパラガス、ユリ等の合理的な施肥法を確立し新たな指導資料を作成する。
3 得られた成果:(i)アスパラガスでは肥効調節型肥料を用い全量基肥が可能。 (ii)立茎数は5本、4本に減らしても根群の発達に影響なし。
4 成果の受け渡し先:成績書に検討結果を掲載し、普及を図る。
研究対象 エダマメ・アスパラガス・ユリ
専門 土壌肥料
部門 野菜、花き
カテゴリ 肥料 アスパラガス えだまめ 施肥 土壌環境 土壌管理技術 ゆり

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる