生物的・耕種的手法を利用した病害発生制御技術の開発

課題名 生物的・耕種的手法を利用した病害発生制御技術の開発
研究機関名 新潟県農業総合研究所園芸研究センター
研究分担 環境科 外2部署 
研究期間 継H16~20
年度 2005
摘要 1 目的:農産物栽培の化学合成農薬への依存度を軽減するため、有用微生物、植物の他感作用等を利用した生物的・耕種的防除法を開発し、効果的な園芸作物の病害防除技術を確立する。 
2 計画:(i)有用微生物(Pythium olugandrum)を利用した生物的防除法の開発、(ii)他感物質(アレロパシー物質)等を利用した病害発生制御。 
3 得られた成果:(i)継続実施中 4 成果の受け渡し先:今後検討 5 残された問題点:継続実施中
研究対象 共通
専門 病害 
部門 野菜
カテゴリ 病害虫 アレロパシー物質 生物的防除 農薬 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる