高標高畑の高度利用を支援する新たな作付体系の確立

課題名 高標高畑の高度利用を支援する新たな作付体系の確立
研究機関名 新潟県農業総合研究所園芸研究センター
研究分担 環境科 外2部署 
研究期間 継H16~18
年度 2005
摘要 1 目的:省力的耕地保全技術及び減農薬等新たな輪作体系や高標高条件を活かした高収益作物栽培法を確立する。 
2 計画:(i)そばの他感物質(アレロパシー)活性効果と活用の検討 
3 得られた成果:(i)継続中、アレロパシー活性変化他 4 成果の受け渡し先:成績書に検討結果を掲載し普及を図る 5 残された問題点:抑草作用の持続性効果を踏まえた次作の園芸作物の把握
研究対象 そば
専門 栽培生理、病害
部門 野菜
カテゴリ 病害虫 そば 農薬 輪作体系

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる