黄花系シクラメンの効率的な新品種育成のための基礎技術の確立

課題名 黄花系シクラメンの効率的な新品種育成のための基礎技術の確立
研究機関名 岐阜県中山間農業技術研究所
研究分担 支所
研究期間 完H16~17
年度 2005
摘要  育種年限の短縮を実現する作型を実現するために必要な採種直後種子の発芽促進技術として、ジベレリン浸漬処理技術を開発した。なお、本技術は通常種子に対しても高い発芽促進効果が得られることも明らかにした。また、閉鎖型環境制御育苗システムを用いた4月播種作型を開発すれば1世代1年以内の世代促進が可能であることを明らかにした。新品種育成研究では、黄色花卉系統111系統を供試し、選抜を行った結果、有望と思われる9系統を選抜し、品種化のための固定段階に至った。
研究対象 シクラメン
専門 育種
部門 花き
カテゴリ 育種 育苗 環境制御 シクラメン 新品種育成 播種 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる