3) 化学肥料等適正施用のための指針策定調査、 (1) 施設栽培における適正土壌管理技術、 ア トマト栽培の葉柄汁液診断による施肥管理、 (ア)施肥窒素量が硝酸濃度に及ぼす影響

課題名  3) 化学肥料等適正施用のための指針策定調査、 (1) 施設栽培における適正土壌管理技術、 ア トマト栽培の葉柄汁液診断による施肥管理、 (ア)施肥窒素量が硝酸濃度に及ぼす影響
研究機関名 青森県農林総合研究センター
研究分担 環境保全部
研究期間 完H17~H19
年度 2007
摘要 目的:作物の安定生産と環境への負荷軽減を考慮した持続的農業の確立を図るため、施設トマト栽培における葉柄汁液の硝酸濃度に基づいた施肥管理法を確立する。、結果:葉柄汁液の硝酸濃度は、定植後1ヶ月程度は土壌中無機態窒素量や基肥窒素量が多いほど高く、追肥開始後は追肥窒素量が多いほど高くなった。また、窒素栄養状態の指標のひとつである収穫終了時の茎径と同じような推移を示した。以上のことから、葉柄汁液の硝酸濃度はトマトの窒素栄養状態を反映することが明らかとなり、1段果房肥大期まで2000ppm以下、その後徐々に上昇させ2000~3000ppmで推移させることにより総収量を確保しつつ上物率も向上すると考えられた。
カテゴリ 肥料 栽培技術 施設栽培 施肥 土壌管理技術 トマト

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる