2)水田機能を利用した資源作物の多収栽培技術

課題名  2)水田機能を利用した資源作物の多収栽培技術
研究機関名 青森県農林総合研究センター
研究分担 環境保全部
研究期間 継19~20
年度 2007
摘要 目的:転作田等においてバイオディーゼルやバイオエタノールの原料となる資源作物の選定を行い、バイオマスエネルギー創出に向けた資源作物開発のための基礎資料を得る。、結果:資源作物として水稲を作付けする場合、土壌条件としては全重収量水準、施肥コストを考慮し、復元田(大豆跡、初年目)が好適と考えられた。また、品種については水稲連作圃場では判然としなかったが、復元田では、「駒の舞」、「青系飼161号」が有望と考えられたが、年次を重ねた検討が必要である。
カテゴリ コスト 水田 水稲 施肥 大豆 多収栽培技術 バイオマスエネルギー 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる