難防除病害虫防除技術の確立

課題名 難防除病害虫防除技術の確立
研究機関名 福島県農業総合センター
研究分担 生産環境部
研究期間 継H18-22
年度 2007
摘要 目的:新規発生および難防除病害虫の発生生態等の解明を行い、防除技術を確立する。この課題で確立した防除技術は総合的病害虫管理(IPM)へ繋げる。、結果:(1)2007年の依頼件数は、145件(前年比68%)であった。本年の特徴としては、病害ではトマトかいよう病(Clavibacter sp.)、トマト萎凋病(Fusarium sp.)、キュウリホモプシス根腐病(Phomopsis sp.)、イチゴ萎黄病(Fusarium sp.)、イチゴ炭疽病(Colletotrichum sp.)などの土壌病害が多かった。(2)ウコンノメイガの越冬世代成虫は、7月中旬から7月下旬にダイズほ場に飛来した。幼虫による葉巻は、7月下旬に初めて確認され、その後調査終了の8月下旬まで増加を続けた。県内各地でウコンノメイガ幼虫の越冬が確認され、越冬世代幼虫の寄主植物はカラムシ、ナンバンカラムシ、アカソ、コアカソ、マルバヤブマオであった。(3)キュウリ褐斑病は、Vサマー、ステータス夏IIIで発病が少なく、ブルームレス品種にブルーム台木新土佐を接いだ場合に発病が少なくなった。(4)ピリプロキシフェン(ラノーテープ)に対して感受性が低下したオンシツコナジラミは、1年間使用を中止することで感受性が回復した。(5)ミカンキイロアザミウマに対する各種薬剤の殺虫効果は、スピノサド水和剤で高く、次いでクロルフェナピル水和剤であった。、、
カテゴリ 萎黄病 いちご 害虫 きゅうり 台木 大豆 炭疽病 とうがらし トマト 根腐病 病害虫防除 品種 防除 薬剤

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる