コンニャクの土壌病害虫に対する総合的病害虫管理(IPM)技術体系の開発、1土壌消毒における全面被覆技術・被覆資材の効果解明、2体系防除による土壌消毒削減体系の開発、3コンニャクにおけるIPM実践指針(暫定版)の作成

課題名 コンニャクの土壌病害虫に対する総合的病害虫管理(IPM)技術体系の開発、1土壌消毒における全面被覆技術・被覆資材の効果解明、2体系防除による土壌消毒削減体系の開発、3コンニャクにおけるIPM実践指針(暫定版)の作成
研究機関名 群馬県農業技術センター
研究分担 植物保護G
研究期間 継19~22
年度 2007
摘要  コンニャク栽培では根腐病等の土壌病害の多発が問題となっており、土壌病害の防除のために土壌消毒が高頻度で実施されている。そのため、土壌消毒による作業者や周辺住民への健康被害が懸念されいる。そこで、輪作、ムギ類全面被覆栽培、種球温湯消毒などの個別技術を組み合わせた土壌消毒に代替する新防除体系を開発する。
カテゴリ 温湯消毒 害虫 こんにゃく 土壌消毒 根腐病 防除 輪作

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる