温暖化や水田輪作に対応した水稲、小麦の高品質生産技術の開発と実証

課題名 温暖化や水田輪作に対応した水稲、小麦の高品質生産技術の開発と実証
研究機関名 福岡県農業総合試験場
研究分担 豊前分場
研究期間 継H20~22
年度 2008
摘要 目的:登熟期の高温による品質低下が問題となっているため、品質低下のメカニズムについて検討する。 成果:ポット栽培した水稲を開花期にビニールハウスに搬入し高温処理を行った結果、品質低下の大きい品種は高温処理と無処理との間で、登熟初期の籾乾物増加重の差が大きかった。また、高温処理による遺伝子発現の相違について調べた結果、外観品質が優れる品種の方が籾中の熱ショックタンハ゜ク関連の遺伝子発現が多く、これらの遺伝子が高温耐性に関与している
カテゴリ 高温耐性 高品質生産技術 小麦 水田 水稲 品種 輪作

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる