ナシの改植に伴う環境負荷軽減のための画期的な肥培及び土壌管理技術の確立

課題名 ナシの改植に伴う環境負荷軽減のための画期的な肥培及び土壌管理技術の確立
研究機関名 佐賀県果樹試験場
研究分担 落葉果樹研究担当
研究期間 継H18~22
年度 2008
摘要 (目的)、早期成園化において画期的な施肥方法や草生栽培管理技術を確立し、環境負荷低減を行う。、(計画)、1)画期的な施肥技術の開発、2)草生栽培による土壌環境改善効果、3)栽培体系の実証、(得られた成果)、1.肥効調節型肥料の土中施用区は慣行施肥区より生育期の葉色値が高く、果実の肥大が良好であった。、2.草生栽培により0~20cm層の土壌物理性の改善効果がみられた。、3.ポット大苗育成には、70日タイプの肥効調節型肥料200g処理が苗木の生育をもっとも促進させた
カテゴリ 肥料 改植 環境負荷低減 栽培技術 栽培体系 施肥 早期成園化 土壌環境 土壌管理技術

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる