I 農林水産業の生産力向上 2 生産性向上を支える品種の改良・開発 (16) 果樹の新品種育成と導入・選定 4 常緑果樹の優良品種・系統の導入と選定 、(2)ビワの第4回系統適応性検定試験

課題名 I 農林水産業の生産力向上 2 生産性向上を支える品種の改良・開発 (16) 果樹の新品種育成と導入・選定 4 常緑果樹の優良品種・系統の導入と選定 、(2)ビワの第4回系統適応性検定試験
研究機関名 千葉県農林総合研究センター
研究分担 暖地果樹 
研究期間 継(H18)~(H27)
年度 2009
摘要 長崎県果樹試験場育成(国の指定試験)系統の「長崎19~23」の5系統の中から、本県の気象及び土壌条件に適する系統、特に施設栽培に適する系統を選定する。施設では「長崎21、22号」、露地では「長崎19~23号」について特性を調査する。本年度は露地、施設栽培の全ての系統で着花がみられ、2回目の収穫を行った。露地では冬期に最低気温-3℃以下の日が1日もなかったが、開花が早かったため寒害が発生した。いずれの系統も収穫2回目のデータだけでは、特性が十分明らかにされなかった。
カテゴリ 施設栽培 新品種育成 びわ 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる