2 生産性向上技術の開発 (3)施設、装置、機械等を活用した省力・快適な園芸作物の生産技術の確立 (2)果樹の根圏制御栽培技術の確立 ア.なしの低コスト根圏制御栽培技術の確立

課題名 2 生産性向上技術の開発 (3)施設、装置、機械等を活用した省力・快適な園芸作物の生産技術の確立 (2)果樹の根圏制御栽培技術の確立 ア.なしの低コスト根圏制御栽培技術の確立
研究機関名 栃木県農業試験場
研究分担 果樹研究室
研究期間 継H19~23
年度 2010
摘要 目的:底面給水による栽培が、ドリップ灌水による根圏制御栽培と同等の高品質多収を図ることができる栽培技術を確立する。(株)日本製紙との共同研究により挿し木苗の大量増殖技術、栽培管理技術を確立する。 成果:剪定時に側枝基部にV字の切り込みを行うくさび処理は、新梢発生率及び新梢伸長が優れた。また、くさび処理により発生した結果枝に着生した果実は正常に生育した。挿し木苗の育成は、まだ確立されていないが、幸水では、苗木の生育が良くバラツキが少ない傾向であった。
カテゴリ 根圏制御 栽培技術 挿し木 低コスト

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる