花持ち保証に対応した切り花品質管理技術の開発

課題名 花持ち保証に対応した切り花品質管理技術の開発
研究機関名 新潟県農業総合研究所園芸研究センター
研究分担 育種栽培科
研究期間 新H22~24
年度 2010
摘要 目的:消費者が求める花持ち保証に対応した切り花品質管理技術を、花持ちが短いとされる本県特産のチューリップで確立する。 内容:(1)切り花品質保持剤の検討 期待される成果:チューリップ切り花の花持ち保証が実現され、需要拡大とブランド力強化が図られる。 得られた成果:(1)エセフォンの前処理で花首伸長抑制、(2)糖の後処理が花持ち延長に効果があることが判明した。 成果の受け渡し先:県内指導機関等 残された問題点:品種間差に対応した安定処理技術の開発。
カテゴリ 管理技術 需要拡大 チューリップ 品質保持 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる