県育成カンキツ新品種「あまつづみ」の裂果防止法の解明

課題名 県育成カンキツ新品種「あまつづみ」の裂果防止法の解明
研究機関名 広島県立総合技術研究所農業技術センター
研究分担 果樹
研究期間 完H22
年度 2010
摘要  当センターが開発した'あまつづみ'について,産地での試作園において栽培管理状況,園地条件を調査し,裂果の発生に影響のある要因を検討した。試作樹は,樹齢,改植,高接ぎ,摘果時期にかかわらず,2~3割の裂果があった。  夏秋期の土壌水分管理方法,遮水袋かけの有無および果形の違いと裂果の発生との関係を調査し,裂果防止技術を検討したが,収穫時の果実の裂果率と摘果時期の残す果実の縦横比,土壌水分,袋掛け処理との有意な差は認められなかった。
カテゴリ あま 改植 栽培技術 新品種 高接ぎ 裂果防止 その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる