鶏肉生産に有用な地域特産農産物の選定と栽培法

課題名 鶏肉生産に有用な地域特産農産物の選定と栽培法
研究機関名 山梨県総合農業技術センター
研究分担 作物特作科
研究期間 新H23~25
年度 2011
摘要  キノアの収穫時期の違いが生育、乾物収量に及ぼす影響を検討した結果、40日区、60日区ともに地上部10cm残区で再生が認められた。乾物収量は、40日・地際刈区が104kg/10a、40日・10cm残区が376kg/10a、60日・地際刈区が334kg/10a、60日・10cm残区が400kg/10a、90日区が535kg/10aだった。有色素米の粒厚選別時に発生する屑米の発生量を調査した結果、「朝紫」は12%、「西南赤糯137号」および「コシヒカリ」は4%だった。
カテゴリ キノア

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる