普通作物に対する新規農薬等の効果・評価試験 、

課題名 普通作物に対する新規農薬等の効果・評価試験 、
研究機関名 長野県農業試験場
研究分担 1.作物部
原村試験地
2.環境部
研究期間 完H23
年度 2011
摘要 1.除草剤・植物調節剤の実用化試験
、目的:移植水稲、直播水稲、ムギ、畦畔管理に効果が高く、安全性の高い除草剤の選定とその利用法を明らかにする。
、 水稲やムギ類の生育制御に有効な植物調節剤の効果と利用法を明らかにする。
、成果:水稲初中期剤15剤、初期剤2剤、中期剤4剤の効果を確認した。これらと過去の成績、植防普及展示ほ成績もふまえ、20剤を普及に移した。また、雑草イネ対象で6剤の防除効果を検討した。 
、 大豆での土壌処理型除草剤を1剤検討した。薬量、薬液量による効果の変動を確認した。

、2.殺菌殺虫剤の効果検定と実用化試験
、目的:主要農物(水稲、麦類、とうもろこし、大豆等)の病害虫に対する新農薬等の効果及び実用性を明らかにする。
、成果:主要作物の殺菌剤および殺虫剤の防除効果および実用性について検討し、殺虫剤1剤を普及に移した。
カテゴリ 病害虫 害虫 畦畔管理 雑草イネ 除草剤 新規農薬 水稲 大豆 とうもろこし 土壌処理 農薬 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる