花きの栽培に関する素材開発研究

課題名 花きの栽培に関する素材開発研究
研究機関名 長野県野菜花き試験場
研究分担 花き部
研究期間 継H20-24
年度 2011
摘要 目的:花きの高品質・多収・安定生産技術を開発する。花きの省力・低コスト生産技術を開発する。地域農業及び高冷地に適合する花き作型・作付け体系を確立する。新規導入花きの特性解明による栽培技術を開発する。
、成果:リンドウ寒地越冬期間の被覆資材の検討を行った結果、「タイベック+ビニル」の保温効果が高く、養成1年目の凍み上がりによる根の浮き上がり乾燥障害に効果があると思われた。量販向けのキク栽培では、a当たりの仕立て本数を7,200本とした時は、70cm調整重30g以上の切り花本数が多かった。7月の定植後から9月までの期間、20℃以下の天然水を地中に通水することにより年内におけるアネモネの切り花本数が 増加した。
カテゴリ アネモネ 乾燥 寒地 きく 栽培技術 低コスト りんどう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる