3 果樹の高品質安定生産技術の確立 、1)安定生産技術の確立 、(5) リンゴ「秋星」の日焼け果発生軽減技術の確立 、1) 被覆資材の選定 、 ア 被覆資材の日焼け果発生低減効果の検討

課題名 3 果樹の高品質安定生産技術の確立 、1)安定生産技術の確立 、(5) リンゴ「秋星」の日焼け果発生軽減技術の確立 、1) 被覆資材の選定 、 ア 被覆資材の日焼け果発生低減効果の検討
研究機関名 石川県農林総合研究センター農業試験場
研究分担 園芸栽培G
研究期間 新H24~
年度 2012
摘要 目的:近年、猛暑や残暑が厳しい気象年が増え、早生・中生品種で日焼け果の増加が問題となっている。そこで、被覆資材を樹体に被せることで日焼け果の発生軽減を検討する。
、成果:散光性資材は日焼け防止効果が最も高く、翌年の花芽形成にも影響がないことから、日焼け防止資材として有望と思われる。また、熱線遮断資材は果実表面の温度を大きく低下させないが、日焼け果発生防止効果があることから、日焼け果の発生要因には温度以外の要因が影響していると思われた。
カテゴリ 日焼け果 品種 りんご

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる