4 ナシ優良品種「あきづき」の花芽確保技術の確立 、1)優良側枝育成法の確立 、(1) 予備枝による花芽着生技術 、2) 摘果時期の検討

課題名 4 ナシ優良品種「あきづき」の花芽確保技術の確立 、1)優良側枝育成法の確立 、(1) 予備枝による花芽着生技術 、2) 摘果時期の検討
研究機関名 石川県農林総合研究センター農業試験場
研究分担 園芸栽培G
研究期間 新H24~26
年度 2012
摘要 目的:日本ナシ「あきづき」は側枝上の短果枝の維持が難しいため、側枝の利用年限が短い。そこで、摘果時期が短果枝花芽の着生に及ぼす影響について検討する。
、成果:満開後50日の摘果では、次年度に利用できる花芽の着生が37.1%と少なくなり、次年度の着果数不足が心配されるため、最終摘果は、満開後35日ころまでに終える必要があると思われた。
カテゴリ 日本なし 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる