施設栽培カンキツにおける総合的害虫管理技術の確立

課題名 施設栽培カンキツにおける総合的害虫管理技術の確立
研究機関名 高知県農業技術センター果樹試験場
研究分担 常緑
研究期間 継H23~25
年度 2012
摘要 目的:施設カンキツ栽培におけるアザミウマ類の発生実態および2種害虫の薬剤感受性、天敵に影響の少ない防除薬剤を明らかにするとともに、生物的、物理的防除法を活用した総合的な防除技術を開発する。
、成果:アザミウマ類の発生は施設温州ミカン圃場では着色期、施設日向夏圃場では開花期に多かった。主要加害種は温州ミカンではミカンキイロアザミウマ、日向夏ではチャノキイロアザミウマと考えられた。
、スワルスキーカブリダニパック製剤処理で温州ミカン、日向夏のミカンハダニに対する密度抑制効果が認められた。
、紫外線カットフィルムの展張、施設外への光反射シート(タイベック)処理はアザミウマ類に対する侵入防止効果が高いと考えられた。
、紫外線カットフィルムの展張により、温州ミカンの果皮の着色が遅れたが、果実の糖度は高くなる傾向がみられた。
カテゴリ 温州みかん 害虫 管理技術 施設栽培 日向夏 防除 薬剤 その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる