気候温暖化に対応したカンキツ栽培技術の開発

課題名 気候温暖化に対応したカンキツ栽培技術の開発
研究機関名 長崎県農林技術開発センター
研究分担 カンキツ研究室
研究期間 継H21~25
年度 2012
摘要 目的:気象温暖化での夏秋季の高温や干ばつによるカンキツの着色不良等の障害果が発生している。そこで、収量・品質低下の軽減技術を開発する
、成果:主な中晩生カンキツ(せとか等)について、日焼け発生の実態を明らかにした。また、「原口早生」において樹上完熟栽培における商品性の向上技術や「青島温州」において貯蔵性の向上を図るため植調剤の活用技術を明らかにした。極早生ウンシュウ「岩崎早生」の新たな摘果方法(摘果時期の遅延)によって日焼け果および浮皮果を軽減する栽培技術を開発した。
カテゴリ 栽培技術 障害果 日焼け果 その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる