エ トマト黄化病の発生生態の解明

課題名 エ トマト黄化病の発生生態の解明
研究機関名 栃木県農業試験場
研究分担 病理昆虫研究室
研究期間 完H23~25
年度 2013
摘要 目的:主要なトマト品種に対するToCVの耐病性の有無等について検討する。 
、成果:トマト黄化病の病原ウイルス(ToCV)を保毒したタバココナジラミ(バイオタイプQ)は、非感染植物上では急速に保毒虫率が低下し、4日後には2%となった。
カテゴリ タバココナジラミ トマト 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる