IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、 24 果樹の新品種育成と導入・選定 、  4 常緑果樹の優良品種・系統の導入と選定 、 (2) カンキツの第10回系統適応性検定試験

課題名 IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、 24 果樹の新品種育成と導入・選定 、  4 常緑果樹の優良品種・系統の導入と選定 、 (2) カンキツの第10回系統適応性検定試験
研究機関名 千葉県農林総合研究センター
研究分担 果樹環境
研究期間 完H20~H25
年度 2013
摘要  果樹研究所育成系統の中から、本県の気象及び土壌条件に適応する系統を選定する。平成24年度に「興津59号」は後期落果が多く、「興津61号」は食味が悪く、「興津65号」は「興津64号」と類似し、それを上回らず試験中止となった。本年度は「興津60、62、63、64、66号」の5系統について特性を明らかにする。
カテゴリ 新品種育成 品種 品種改良 良食味 その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる