3 果樹の高品質安定生産技術の確立 、1)安定生産技術の確立 、 (4) 高品質ナシ品種「あきづき」の果肉障 、害に関する研究

課題名 3 果樹の高品質安定生産技術の確立 、1)安定生産技術の確立 、 (4) 高品質ナシ品種「あきづき」の果肉障 、害に関する研究
研究機関名 石川県農林総合研究センター農業試験場
研究分担 園芸栽培G
研究期間 完H25
年度 2013
摘要 目的:「あきづき」は、9月中旬から10月上旬に収穫できる良食味の中晩生品種であるが、近年、果肉組織の一部に障害(褐変・水浸状)の発生が認められている。そこで、県内主要産地における障害果の発生程度について検討する。
、成果:県内のいずれの調査地点においても果肉障害の発生は少なかったが、褐変果が水浸状果よりも多い傾向だった。
カテゴリ 果肉障害 障害果 日本なし 品種 良食味

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる