鳥取スイカのブランド強化に必須となる安定出荷技術の確立

課題名 鳥取スイカのブランド強化に必須となる安定出荷技術の確立
研究機関名 鳥取県農林総合研究所園芸試験場
研究分担 野菜研究室
研究期間 継 、H23~26
年度 2013
摘要 目的:生産面積、出荷量確保のため安定栽培、省力栽培技術を確立する。
、成果:花粉発芽率は開花12,13日前の最低気温との関係が深く、交配2週間前の不織布による夜間保温強化で着果率が向上した。黒点根腐病に強く、果実肥大、品質も良好なユウガオ台木‘強者’を選定した。ハウス栽培のかん水は深さ20cmのpF2.7を目安に20mmかん水するのが適当であった。14,15節着果でも果実肥大、品質に影響なく蔓引き回数を削減することができた。
カテゴリ 栽培技術 出荷調整 すいか 台木 根腐病 ゆうがお

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる