ブルーベリーにおける樹皮敷設による樹勢向上およびネット収穫技術の開発

課題名 ブルーベリーにおける樹皮敷設による樹勢向上およびネット収穫技術の開発
研究機関名 山口県農林総合技術センター
研究分担 園芸
研究期間 新H26-28
年度 2013
摘要 目的
、(1) 樹皮培地の減耗の影響と樹皮の追加敷設の必要性を明らかにし、樹皮培地栽培の管理技術を確立する。
、(2) 既存の土耕栽培樹への樹皮敷設による樹勢向上技術を確立する。
、(3) ネットを用いた省力的な収穫方法を開発する。
、期待される成果
、(1) 開発した樹皮培地栽培の経年変化に対する対応や、既存の土耕栽培樹への樹皮敷設による樹勢回復など、樹皮培地栽培の可能性を拡大する。
、(2) ネット収穫は収穫時間を大幅に短縮できる可能性があり、経営規模の拡大に貢献する。
、(3) 集落営農法人の経営の複合化品目として推進できる。
、1)狭小水田の活用、2)水田転換園でも栽培可能、3)低樹高・軽量で女性や高齢者でも取り組みやすい、4)加工用途も広く6次産業化への発展も可能
カテゴリ 加工 管理技術 経営管理 樹勢回復 水田 水田転換園 低樹高 ブルーベリー

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる