温暖化による温州ミカンの果皮障害発生軽減技術の開発

課題名 温暖化による温州ミカンの果皮障害発生軽減技術の開発
研究機関名 熊本県農業研究センター
研究分担 果樹研究所 常緑果樹研究室
研究期間 完H21~H25
年度 2013
摘要 温州ミカンでは、夏秋期の高温等により着色が遅延したり、日焼け果が多発する等、果皮障害の発生が多くみられることから、その軽減技術として、樹冠表層摘果や枝梢管理について検討した。
カテゴリ 温州みかん 日焼け果

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる