モモ樹体内の部位別セシウム含量の解明と季節的・経年的変化の検証

課題名 モモ樹体内の部位別セシウム含量の解明と季節的・経年的変化の検証
課題番号 2013024490
研究機関名 (独)農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所
東京大学
研究期間 2012-2014
年度 2013
摘要 福島県伊達市管内と福島県農業総合センター内のモモ樹について、開花後経時的に果実と葉を採取し放射性Csを測定した所、満開後15日で高く、日数の経過とともに減少するという、前年と同様の傾向を示した。2013年の収穫果の137Cs 濃度(DW あたり)は2012年の34%~45%であり、134Cs は21%~34%であった。
カテゴリ もも

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる