効果的なニホンジカ保護管理の推進を目的とした生息状況調査と森林影響度調査

課題名 効果的なニホンジカ保護管理の推進を目的とした生息状況調査と森林影響度調査
研究機関名 宮城県林業技術総合センター
研究分担 環境資源部
研究期間 継H25~29
年度 2014
摘要 目的:森林環境等への影響が懸念されるニホンジカについて,生息分布や密度,森林への影響度等を調査して県内での生息実態を明らかにするとともに,その適正な保護管理に資する。、結果:気仙沼地域では,岩手県境に近いほど糞塊密度が高く,唐桑地区ではまだ糞塊密度は高くなかった。
カテゴリ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる