有用貝類毒化監視対策事業

課題名 有用貝類毒化監視対策事業
研究機関名 宮城県水産技術総合センター
研究分担 環境資源部・気水試
研究期間 継H22~28
年度 2014
摘要 目的:ホタテガイやマガキ養殖等の支障となる貝毒・有害プランクトン等のモニタリングを行い,漁業者へ情報提供するもの。、成果:平成26年度については,気仙沼湾および唐桑半島東部海域における10定点で貝毒プランクトンの調査を行った。女川町塚浜および石巻市荻浜において,貝毒原因プランクトンの出現状況を把握し関係機関に速報するとともにホームページ掲載して広く情報提供した。結果はホームページに掲載した。
カテゴリ モニタリング

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる