12 イノシシ、シカの生息分布の解明と被、害 防止対策の確立、1) 防護柵失敗事例の収集と改善法の提案、 (2) 自動撮影カメラによる捕獲檻へのイ、ノシシ行動観察、

課題名 12 イノシシ、シカの生息分布の解明と被、害 防止対策の確立、1) 防護柵失敗事例の収集と改善法の提案、 (2) 自動撮影カメラによる捕獲檻へのイ、ノシシ行動観察、
研究機関名 石川県農林総合研究センター農業試験場
研究分担 生物資源G
研究期間 完H26
年度 2014
摘要 目的:檻を用いた捕獲がイノシシ被害対策として広く行われているが、捕獲効率の悪い檻が散見される。そこで、自動撮影カメラを用いて野生イノシシの観察を行い、効率的な捕獲技術のための基礎的な知見を得る。、成果:イノシシの撮影頻度は8~9月に高く、夏から初秋にかけて、餌を探索したり、捕獲檻周辺で誘引餌の米ヌカを食べる様子が頻繁に撮影された。12月になると出現しなくなった。捕獲檻の設置場所の選定を行うために、事前に自動撮影カメラを設置し、イノシシの生息状況を調査することで、捕獲の効率を向上する活用方法が期待された。
カテゴリ シカ 防護柵

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる