地球温暖化による施設栽培の夏季高温対策技術の確立

課題名 地球温暖化による施設栽培の夏季高温対策技術の確立
研究機関名 地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
研究分担 食の安全研究部 園芸G
研究期間 継H24~
年度 2014
摘要 大阪府内における野菜、果樹の施設(ハウス)栽培では、温暖化に起因すると考えられる夏季の異常高温により生育障害が多発し、秀品率低下にともなう収益減が問題となっている。そこで、特に生産現場からの要望課題が挙げられている水ナスやブドウ、軟弱野菜等を対象に、遮熱資材の適応性評価、換気促進装置の開発など高温期の施設(ハウス)内暑熱対策技術を確立する。
カテゴリ 高温対策 施設栽培 なす ぶどう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる