温度センサー制御節水散水システム利用による晩霜害および高温障害回避技術の確立【本部戦略枠】

課題名 温度センサー制御節水散水システム利用による晩霜害および高温障害回避技術の確立【本部戦略枠】
研究機関名 佐賀県果樹試験場
研究分担 落葉果樹研究担当
研究期間 完H24~26
年度 2014
摘要 目的:昨今の極端な気象現象の増加は、本県の果樹栽培に深刻な被害をもたらしている。特にキウイフルーツ、ナシにおける晩霜被害、夏場の異常高温による被害(「みつ症」、「異常花発生」)は次年度まで及ぶため、被害回避策が急務である。そこで散水施設を用いて効率的に気象災害を回避できるシステムを開発し、ナシ、キウイフルーツに利用する。成果:年間をとおした散水を行うことで晩霜被害の軽減、果実の高温障害や生理障害の減少に効果的であった。、
カテゴリ キウイフルーツ 高温対策 生理障害

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる