難消化性澱粉構造と高水分吸収性を有する変異体米を用いた低カロリー食品の開発

課題名 難消化性澱粉構造と高水分吸収性を有する変異体米を用いた低カロリー食品の開発
課題番号 2014026471
研究機関名 秋田県立大学(生物資源科学部)
秋田県立大学(生物資源科学部)
亀田製菓株式会社 お米研究所
秋田県農業試験場
国立大学法人九州大学大学院農学研究院
研究期間 2013-2015
年度 2014
摘要 高難消化性(RS)系統において、高RS性の炊飯米でRS値を測定可能な方法を開発し、有望系統を絞り込んだ。有望系統のうち、いくつかは戻し交配が終了し、個体選抜を行っている。高水分吸収変異体においては、高水分吸収性を示す41系統からさらに数系統に絞り込み、有望変異体系統のインキュベータ法による促成法で戻し交配を加速し、育種を推進している。以上の低カロリー性が期待できる系統の澱粉の基本性質の評価もほぼ終了した。また、ラットを使ったこれらの栄養・生理特性を明らかにする手法を開発し、評価を実施している。高温高圧処理(RIC)による少量炊飯米の試作条件の確立および米菓の試作を行い、既に大量生産が可能な系統の試作および官能評価ができるようになった。また、低カロリー食品の市場性を調査し、本プロジェクトで開発した低カロリー食品の販売戦略を立てる上での十分なヒントとなった。
カテゴリ 育種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる