Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[6] 水稲・畑作物の新品種育成、選定及び栽培法の確立、1 水稲の新品種育成、選定、栽培法の確立及び種苗生産技術の確立、(2) 地域適応性検定試験

課題名 Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[6] 水稲・畑作物の新品種育成、選定及び栽培法の確立、1 水稲の新品種育成、選定、栽培法の確立及び種苗生産技術の確立、(2) 地域適応性検定試験
研究機関名 千葉県農林総合研究センター
研究分担 水田利用
研究期間 完H23~H27
年度 2015
摘要  極早生系統の「佐系1453」は玄米外観品質、耐冷性や穂発芽性に問題があるものの、収量性が高く、食味も優れることから有望とした。また、「コシヒカリ」にかわる良質・極良食味粳系統の「佐系葯1466」は品質が優れることから有望とした。上記2系統は次年度、奨励品種決定調査を行う。本年度供試したその他の4系統は大きな欠点が存在したため試験打ち切りとした。、※成東育成地、水稲温暖化対策
カテゴリ 温暖化対策 新品種 新品種育成 水稲 品種 良食味

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる