水稲・大豆の?防除病害虫の管理技術の開発

課題名 水稲・大豆の?防除病害虫の管理技術の開発
研究機関名 新潟県農業総合研究所作物研究センター
研究分担 作物研栽培科・病害虫チーム
研究期間 完平25~27
年度 2015
摘要 目的:近年問題の病害虫の防除法を解明し、減農薬栽培に対応した防除技術を開発する。、成果:アカヒゲホソミドリカスミカメ(中~多発生)とアカスジカスミカメ(少発生)の混発に対して、適期散布で十分な防除効果のある粒剤が明らかになった。紫斑病とマメシンクイガの同時防除をねらい、マメシンクイガの従来の防除適期より早い時期の殺虫剤散布で防除効果を評価した。
カテゴリ 病害虫 アカスジカスミカメ 害虫 管理技術 水稲 大豆 農薬 防除 マメシンクイガ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる