環境変動に対応したブドウの着色向上技術の開発、1 着色向上技術の体系化、(4)土壌マルチング処理が着色及ぼす影響の把握

課題名 環境変動に対応したブドウの着色向上技術の開発、1 着色向上技術の体系化、(4)土壌マルチング処理が着色及ぼす影響の把握
研究機関名 山梨県果樹試験場
研究分担 生食ブドウ栽培科
研究期間 継H24~H28
年度 2015
摘要  ピオーネ」において前年度まで効果が高かったタイベックマルチ処理については、異常な高昼温状況となった本年では、高温障害の発生を助長する傾向が認められた。一方、赤色品種では着色向上効果が高く、タイベックマルチと比較してシルバーマルチでやや効果が高い傾向があった。
カテゴリ 高温対策 品種 ぶどう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる