活イカブランド出荷システム、実証試験

課題名 活イカブランド出荷システム、実証試験
研究機関名 鳥取県栽培漁業センター
研究分担 養殖・
漁場環境室
研究期間 完25~27年度
年度 2015
摘要 (目的)、  需要の高い「活白イカ」について陸上水槽での活イカの備蓄技術や飲食店等の出荷先までの活魚ハック輸送技術を開発する。、(成果)、 賀露地区にモデル水槽を設置し、畜養試験を実施した。夏の比較的大型のイカでも60尾を収容し、特に問題もなく畜養可能なことがわかった。、 同様に活イカパックについても試験を行ったが、外部刺激等による墨吐きもあり、5時間程度の輸送が現実的と推測された。、
カテゴリ かぶ 出荷調整 輸送

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる