北海道における花粉交配用ミツバチの安定生産技術の開発1-(4)放牧地におけるクローバ種子追播の有効性評価

課題名 北海道における花粉交配用ミツバチの安定生産技術の開発1-(4)放牧地におけるクローバ種子追播の有効性評価
研究機関名 地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
研究分担 技術支援G
研究期間 完H28~31
年度 2019
摘要 目的:ミツバチの訪花や蜜・花粉集めの習性に基づき、水田における農薬暴露からの退避技術の有効性を実証し、それぞれの技術を総合的に組み合わせて暴露被害を軽減することにより交配用ミツバチ供給の安定化を図る。担当課題においては、農薬暴露からの退避場所として有望と考えられる公共牧場草地におけるシロクローバの開花状況について明らかにする。
カテゴリ 病害虫 水田 農薬 ミツバチ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる